目の下のクマを治すにはレーザー治療|最も多いのは黒グマ

顔を小さくする

注射

原因を見極める

顔が大きすぎるという悩みを解決するために美容外科クリニックの門をくぐる人が少なくありませんが、よく考えずに適当な治療方法を選んでしまうと、期待通りの改善効果を得ることができません。一口に小顔治療と言っても、様々な方法があります。どの方法を選ぶかは、顔が大きくなっている原因によって異なってきます。生まれつき頭蓋骨が人よりも大きくなっているせいで顔が大きくなっている人もいれば、加齢の影響で皮膚が垂れ下がり、顔の面積が広くなってしまっている人もいます。原因に応じた治療方法を選ばないと、悩みを解決することはできません。担当の医師がしっかりと診察してくれますので、そのアドバイスにしたがって治療方法を選ぶようにすれば間違いありません。時折、特定の治療方法に固執して医師のアドバイスに耳をかさない人がいますが、専門家のアドバイスを素直に聞くようにした方がよいです。

エラが張っている場合には

頭蓋骨が大きいせいで顔が大きくなっている人は、顔の骨を削る小顔手術を受けるのが適しています。また、垂れ下がった皮膚のせいで顔が大きくなっている人は、肌のたるみを取る治療を受けるようにするとよいです。一方、顎の付け根部分の筋肉が発達しすぎてエラが張っている人は、ボトックス注射を打つという方法が有効です。ボトックス注射には、筋肉の収縮を抑制する効果があります。このボトックス注射を顎の付け根部分に打つと、その部分の筋肉が動かなくなるため、少しずつ痩せていきます。個人差はありますが、ボトックス注射を打って1ヵ月もすれば、エラの張りが解消されて、スッキリとした小顔になることができます。骨の形状が原因でエラが張っていると思い込んでいる人が多いですが、発達しすぎた筋肉が原因になっているケースが意外に多いので、医師によく診てもらうようにするのが望ましいです。